愛犬に適したドッグフードを

カナダ産のドッグフード

カナダはドッグフードの先進国として知られており、日本の愛犬家の間でもカナダ産のフードは人気があります。
カナダ産フードを選ぶ時のポイントをご紹介します。

カナダ産ドッグフードの魅力とは

カナダのドッグフードの魅力は、犬の体質に合ったフード作りに着目していて多様性がある点です。
もともと肉食であった犬の生態に合うように、肉類を多く含む高タンパクのフードがいくつも生み出されています。
カナダの大自然で獲れた肉や野菜を原材料に使って、栄養価の高いフード作りを目指しています。

また、穀物フリーのフードも人気があります。
一般的にドッグフードを作る際には、価格を抑えるためつなぎに小麦粉やコーン粉を使用します。
しかしこれらの穀物は、犬の体内では消化吸収しきれないことが多く、過度の摂取でアレルギー反応を起こす犬もいます。
これらは穀物アレルギーで悩む飼い主さんから高い評価を得ています。

カナダ産ドッグフードの安全性

カナダには、ドッグフードの安全基準を明確にした法規制はありません。
しかし外部団体である、PFAC-NAP(カナダペットフード協会・栄養管理プログラム)やCVMA (カナダ獣医学協会)による厳しい試験や基準を任意で受けることができます。
これらをクリアしているドッグフードなら安全性は高めでしょう。
自主基準を満たしているかどうかは、パッケージに記載されているので選ぶ際に確認してみて下さい。

しかしカナダ産だという理由で、全てが安全なわけではありません。
カナダにも様々なメーカーがあり、たくさんのフードが作られています。
安全性を見極めるポイントは、

・原材料欄
・値段
・賞味期限

をチェックすることです。

原材料に聞いたことのないものが含まれていないかどうかのチェックは必須です。
また値段の高いものが必ずしも良いとはいえませんが、安い価格のフードは粗悪な材料を使っている可能性が高いと考えられます。
明らかに値段が安いものは注意しましょう。
そして輸入されるフードには、保存性をよくするために天然・合成問わず防腐剤が使われていることがほとんどです。
賞味期限が1~2年以上先のものはそれだけ多くの防腐剤が入っている恐れがあるので、気を付けましょう。

カナダ産のドッグフードは、内容の充実性から人気があります。
穀物フリーのフードに力を入れていることも注目すべき点です。
日本の取扱店から買えるものがたくさんあるので、まずは少量パックのものから始めてみると良いでしょう。