愛犬に適したドッグフードを

ドイツ産のドッグフード

ドイツはヨーロッパ諸国の中でも、ペットを飼う人の割合が高い国です。
また、犬や猫を殺処分しない取り組みなどが進んでいるペット先進国でもあります。
そんなドイツで作られたドッグフードにはどのような特徴があるのでしょうか。

ドイツ産ドッグフードの特徴

ドイツでは「ドッグフードには人間が食べても大丈夫な食材のみを使用しなければならない」という安全基準があります。
そのため原材料に対する安心感があります。

またドイツには「総合栄養食」というカテゴリーはありません。
ずっと一定の食べ物を食べるのではなく、様々な食材を食べてこそ犬の健康と幸せを維持できると考えられているからです。
犬の食事を単なる栄養補給として捉えているのではなく、楽しみがあってこそと考えていることがとても特徴的です。

ドイツ産ドッグフードのこだわり

愛犬家が多い国なので、こだわりを持つ多種多様なフードが作られています。
消費者側のニーズに合わせた、穀物フリーや無添加のドッグフードを手掛ける会社がいくつもあります。
特に日本で買うことのできるドイツ産ドッグフードには、合成添加物や遺伝子組み換え食品不使用、天然由来の保存料使用など、安心安全をモットーにしています。
添加物を使わないドッグフードは主に保冷コンテナで輸出されるので、運送中の品質劣化もしっかりと対策されています。
心配がある人は、各メーカーのホームページなどで調べてみると良いですね。

ドイツ産のドッグフードの注意点

しかしながらドイツ産であれば全て安心かというと、もちろんそうではありません。
何事にも完璧はありませんので、それぞれのドッグフードの原材料や材料の原産国などはできるだけきちんと確認するようにしましょう。

また安心な食材を使っていても、それが必ずしも愛犬に合うとは限りません。
私たち人間でも、小麦粉が大丈夫な人もいればアレルギーが出てしまう人もいます。
それと同じで、犬にも個体によって合う合わないがあります。
クチコミで高評価だからと一度に買いこんだりせず、まずは小さなパッケージから試してみるようにしましょう。

ドイツ産のドッグフードは、素材選びから運送方法まで、犬の健康への配慮が感じられます。
大切な愛犬のことを考えて安心安全なフードを探している人には、選択肢の一つとなるのではないでしょうか。