愛犬に適したドッグフードを

輸入ドッグフード

いまや自宅にいながらでも世界中のドッグフードを買うことができるので、輸入ドッグフードが気になっている人も多いと思います。
そこで、輸入ドッグフードとはどのようなものなのか、その魅力と購入の注意点についてご紹介します。

輸入ドッグフードの魅力

世界中には様々なドッグフードがありますが、特にペット先進国といわれるアメリカ、カナダ、ヨーロッパのドッグフードは日本の愛犬家に人気です。
これらの国のドッグフードには、穀物フリーだったりベジタリアン向けだったりと、いろいろなニーズに応えるものが豊富にあります。
輸入ドッグフードには、ヒューマングレードといわれる、人が食べても大丈夫な食材のみを使用したフードもあり、安全面が優れていることも魅力の一つです。
日本ではまだドッグフードに関するヒューマングレードの規定がないので、安全面には不安が残ります。

輸入ドッグフードの危険性

輸入ドッグフードで一番ネックになるのは、輸送です。
輸入ドッグフードは何日もかけて輸送船で運ばれてくることがほとんどです。
保冷コンテナに入れて輸送するメーカーもありますが、普通のコンテナで運ばれるものも少なくありません。
コンテナ内は、日差しが照り付ける海上では溶けるような暑さになります。
そのような環境でも耐えられるように、多くの添加物を使うドッグフードもあります。
常温のコンテナで運ばれてきたのに見た目の劣化が分からないドッグフードというのは、やはり大量の添加物を使っている可能性が否定できません。

知っておきたい正規輸入と並行輸入

輸入ドッグフードを買う時、正規輸入品と並行輸入品とがあるかもしれません。
正規輸入は製造元ときちんと契約を結んだ業者のみが取り扱う輸入方法です。
並行輸入は、契約を結ばずに独自のルートで輸入する方法で、安全性の低い輸送方法で送られてくる可能性が高いです。
そのため正規輸入と並行輸入では、正規輸入の方が格段に高値です。
値段と安全のどちらを優先するのかが、選ぶ際の判断基準になるでしょう。

輸入ドッグフードには、日本製にはない魅力やメリットがたくさんあります。
その反面、多くの危険も含んでいます。
私たちには見えない部分、すなわち輸送方法や添加物のことなどを、しっかりと説明しているメーカーなら安心できるといえるでしょう。