愛犬に適したドッグフードを

無添加ドッグフードのメリット

人間同様に、犬にとっても添加物は良くないといわれています。
最近では無添加のドッグフードも注目を集めるようになっています。
愛犬に健康で長生きしてもらうためにも、無添加ドッグフードのメリットを知っておきましょう。

ドッグフードは添加物だらけだった!?

ドッグフードは、高温多湿の室温で保管していても、全くといっていいほど形状が変わりません。
なぜでしょうか。
これは、それだけたくさんの添加物が使用されている証拠です。

添加物は、化学合成の添加物と天然由来の添加物の2種類に分けられます。
ドッグフードで問題視されているのは、化学合成の添加物です。
化学合成の添加物の全てが悪いというわけではなく、内容と分量を守れば危険性も和らぎます。
ドッグフードの場合、添加物の質と量に問題があるために危険であるといわれています。

ドッグフードに使われる保存料には、酸化防止剤、乳化剤、着色料、香料、保存料などがあり、どれも犬の栄養には必要のないものです。

無添加ドッグフードのメリットとデメリット

無添加のドッグフードでは、上で挙げたような添加物をほとんど使用していません。
安心できる素材を使って、本当に犬の健康を考えて作られているものがほとんどです。
中には原材料を100%開示しているメーカーもあります。
無添加のドッグフードのメリットとデメリットは以下の通りです。

<メリット>
・犬の体にやさしい
・アレルギーになりにくい
・栄養価が高い
・原材料が分かる
・安心

<デメリット>
・値段が高い
・賞味期限が短い
・食いつきが悪いこともある

何といっても、安心感を持てることが無添加ドッグフードの最大のメリットです。
デメリットは、無添加ゆえの理由になります。
犬の食欲をそそるような香り付けがなされていないので、食いつきが悪いことは多いです。
そんな時はごま油やチーズなど、犬が関心を持つ風味をトッピングしてあげると良いでしょう。

無添加ドッグフードを選ぶ注意点

パッケージに「無添加」と書いてあっても、完全に無添加とは言い切れません。
あくまでドッグフードの製造過程では無添加というだけであって、原材料が加工されるまでの工程に関しては何も書かれていないからです。
これに関しては言い出すとキリがありませんが、原材料表記のカラクリを頭に入れておくだけでもドッグフードの見方が変わると思います。

無添加のドッグフードは、原材料選びからこだわっているものが多く、安心感があります。
その分値段が高いものも多いので、無理のない範囲で選ぶことが大切です。
毎日食べるドッグフードなので、やはり愛犬に害が少ないものを選んでいきたいですね。