おすすめペット保険/PS保険をガイド

フードやサプリにこだわることで、健康リスクは軽減されます。
しかし、いくらドッグフードにこだわってもサプリメントで栄養を補っても、ケガや病気を100%防ぐことはできません。
そのため、突然のケガや病気に焦らず対応できるように、万が一に備えて準備しておくことは非常に重要です。

まずは「信頼できる動物病院」を見つけておくこと。
もしくは、現在通院している動物病院・獣医師と「十分な信頼関係を築く」ことが大切です。

そのためには、気軽に動物病院を利用できる環境をつくることがポイントとなります。
そこで役立つのがペット保険です。

ペット保険を活用すれば、手術が必要となる大きなケガや病気などにもしっかりと対応することができます。
さらに、通院補償に対応しているペット保険なら、動物病院のコストを大きく軽減させることが可能に!
つまり、ペット保険に加入することによって、動物病院がより身近なものになるのです。

このポイントを踏まえると、ペット保険は「いざという時の備え」以上の役割を果たしてくれるツールと評価することができます。

管理人も加入しています!

当サイトの管理人である私も実際にペット保険に加入しています。
加入してからは、かかりりつけの病院がより身近な存在になりました。

やはり、ちょっとした体調変化の場合でも気軽に先生に相談することができるようになった…というのがポイントです。
おかげで「愛犬の健康状態をしっかり管理できている」と感じています。

また、それと同時に…どんなペット保険に加入すべきかはじっくり検討すべきであるとも感じています。

最初は、シンプルに最大手のペット保険に加入したのですが、これがどうも不便。
細々したところが気になってしまい、結局、解約することになってしまいました。

そこで、このページでは、ペット保険に加入する場合の検討ポイントをまとめました!
さらに、おすすめできるペット保険も紹介しています。

ペット保険を選ぶポイント

上記したとおり、ペット保険に加入するのであれば、保険会社やプラン選びは慎重に行いたいところ。
もちろん、初めてペット保険を検討する場合は、何をどうやって選べば良いか分からない…という方も多いでしょう。

そこで、まずは絶対にチェックしておきたいポイントをまとめました。

1.補償内容と保険料のバランス

ペット保険に加入すれば、定期的に保険料を支払うことになります。
その保険料と補償内容の充実度のバランスをチェックすることが何よりも重要です。

この二つの要素の比較は、いわば、コストパフォーマンスのチェックに相当します。
より満足できるペット保険を選ぶには、絶対に確認しておきたいポイントと言えるでしょう。

2.通院補償に対応するかどうか

「どの程度の補償が必要か…」には各家庭で差があると思います。
飼い主さんの考え方によって大きく左右されるポイントだからです。

しかし、それを踏まえた上でも、絶対にオススメしたい条件があります。

それが、通院補償に対応しているプランを選ぶということ。
ペット保険の補償の中で、最も使用される頻度が高いのが通院補償です。
ペット保険が利用されるケースの約8割が「通院」を対象にしたものである…というデータもあります。

万が一の大きな病気やケガに備えたい…
と考えている飼い主さんの場合、入院と手術のみを対象としたプランを選んでしまいがちですが、ぜひ、通院を対象としたプランを検討してみてください。

通院も補償対象としているペット保険であれば、動物病院がより身近になり、結果的に大きな病気を予防することにも繋がります。

おすすめのペット保険は…PS保険

上記したポイントを踏まえて、私が選んだのがPS保険です。
このペット保険の最大の特徴は、保険料が非常にリーズナブルであるということ。
それでいて補償内容が非常に充実しています。

もちろん、通院補償にもしっかり対応しています。
なおかつ、癌(がん)などの悪性腫瘍や歯科治療などにも対応します。

既に発見されている先天性疾患や治療中の病気などについては補償対象外となりますが、補償内容はかなり充実していると評価することができるでしょう。

チワワ、トイプードル、ダックスフンドなどが罹患しやすい膝蓋骨脱臼(パテラ)
ウェルシュコーギー、パグ、トイプードル、シーズー、ダックスフンドなどが罹患しやすい椎間板ヘルニア
などにも対応しています。

選べる3つのプラン

3つのプランから好きなタイプを選ぶことができるのが魅力です。
いずれのプランも補償対象は同じですが、補償割合と保険料が異なります。
予算などにあわせて、相性の良いプランを選びましょう。

「50%補償プラン」
初めてペット保険に加入する方にもおすすめのお気軽プラン。
保険料の負担が軽く、家計にやさしいのが特徴です。

「70%補償プラン」
家計にやさしく、補償割合も充実しているのが特徴。
バランスのとれたプランと言えるでしょう。

「100%補償プラン」
補償を十分に充実させたい場合には、このプランがおすすめです。

最大110万円の補償

いずれのプランの場合でも、補償金額は最大110万円。
通院での補償は最大20万円、入院での補償は最大60万円、手術での補償は最大20万円、車イス補償が最大10万円…という内容です。

通院・入院・手術のすべてをカバーしているだけでなく、補償内容も充実しているため、かなり満足度の高いペット保険と評価することができます。

これだけの補償内容を実現させていながら、保険料が安いのがメリットです。

保険料がリーズナブルな理由

保険料と補償内容のバランスの良さの背景にあるのは、ネット販売に特化しているということ。
ペットショップなどでの販売をせずネット販売に特化しているため、販売コストを抑えることができます。

そのため、業界最安クラスの保険料が実現できているのです。
通院補償がついていて、この保険料を実現しているペット保険はなかなかありません!

また、ネット販売に特化しているため、スマホやPCから簡単に申し込み・契約ができます。
診断書・血統書・体毛などを準備する必要はありません。

保険料の上昇が緩やか

PS保険の保険料の引き上げは3歳毎に1度だけ。
他のペット保険と比べると、保険料の上昇が非常に緩やかです。
そのため、一生涯を通して無理なく続けていくことができます。

もちろん、たくさん使っても保険料が高くなることはありません。
通院回数が多かったり手術を行った場合でも、年齢以外の理由で継続時に保険料が上昇することがないので安心です。
「来年の保険料が上がるかも」と心配して、病院に連れていくかどうか悩む必要がありません。

免責金額の設定はなし

PS保険は、ペット保険にありがちな免責金額を設定していません。
また、最低診療費の制限もありません。

そのため、ちょっとしたケガや病気にも安心して保険を利用することができます。

上記したような条件が揃っているため、コストパフォーマンス抜群のペット保険です!
どんなペット保険を選ぶべきか悩んでいる…
そんな方は、ぜひ、PS保険を検討してみてください!

おすすめコラム一覧Related column