愛犬に適したドッグフードを

ラブラドールレトリーバー用フード

伴侶犬として名高いラブラドールレトリーバーは、頭が良くて従順な性格をしています。
そんな犬種に適したドッグフードとはどのようなものでしょうか。
健康をサポートするドッグフードの選び方をご案内します。

ラブラドールレトリーバーに向いているのはこんなドッグフード

ラブラドールレトリーバーは大型犬なので、一度でたくさんの栄養を必要とします。
そのため栄養バランスの良いドッグフードであることが何よりも大切です。
ラブラドールレトリーバーはよく食べる分、肥満にもなりやすいので、高カロリーのフードには気を付けましょう。

健康維持のためには良質なタンパク質を摂取することが大切なので、肉類を多く含むドッグフードを選ぶようにしましょう。
ドッグフードの材料は、袋に記載されている内容表示を見て確認することができます。
内容表示は含有量の多いものから記載されるので、肉類がトップに来ているものを選びましょう。

また時々、鶏ササミやゆで卵、カッテージチーズなどタンパク質を含む食材をドッグフードにトッピングしてやると、栄養価も高まる上に犬も喜ぶのでおすすめです。

ラブラドールレトリーバー特有の病気を予防するフード

ラブラドールレトリーバーのような純血種には、遺伝的にかかりやすい病気というものがあります。
フードによって治療することはできませんが、発症を遅らせたり予防したりすることはできます。

■股関節形成不全
生まれつき股関節が脱臼を起こしている病気です。
遺伝病なので予防することは難しいですが、関節に負担をかけない生活を送ることで重症になるのを防げます。
筋肉や骨の形成を助けるタンパク質やミネラルを摂取するようにしましょう。
この病気にはビタミンCも効果的といわれているので、イチゴやリンゴなど生のフルーツも時々与えてあげましょう。

■悪性腫瘍
悪性腫瘍とは、ガンのことです。
ラブラドールレトリーバーの死亡原因のトップです。
犬の場合、リンパ節が大きく膨れ上がることで分かることが多いです。
抗ガン剤などで腫瘍を小さくすることは可能ですが、完治は難しいとされています。

しかしながら、バランスの良い食事と適度な運動を維持することで、ガンになりにくい体作りができます。
できるだけ添加物の摂取は避け、天然成分でできたフードを与えるようにしましょう。

ラブラドールレトリーバーには、様々な栄養素が必要です。
まずはバランスの取れたドッグフードを選んで下さい。
その上で愛犬の味覚や症状に合わせてトッピングやサプリメントなどをプラスしていくと良いでしょう。