ドッグフードの形態(クランブル状)

ドライドッグフードを細かく砕き、食べやすく、またふやかしやすい形状にしてあるのがクランブル状のドッグフードです。
一般的なドライフードである発泡状フードを細かく粉砕しているため、そのままでも食べやすいのはもちろん、フード内の無数の細かい穴が水分を吸収してくれるため、通常のドライフード粒よりふやかす時間がかからないというメリットがあります。

そのためクランブル状のフードは噛む力が弱い子犬の離乳食や老犬の介護食として、または顎が小さい小型犬用のフードとして販売されていることが多いフードです。

その他、クランブル状のドッグフードには以下のような特徴があります。

離乳食からドライフードへの切り替えが容易

クランブル状のフードは一般的なドライフードを細かく粉砕してあるだけで、中身そのものは成犬用のドッグフード(もしくはオールステージ用総合栄養食)と変わらない場合があります。
そのため離乳食からドライフードへの切り替えが容易で、今までふやかしていたものをふやかさずに与えるだけで済む場合があります。
子犬にドライフードに慣れてもらうため、なるべく消化しやすい形状のフードを与えたいと考えている場合は、クランブル状フードが便利です。

最初から砕いてあるので、丸飲み癖がある犬にも安心

クランブル状のフードは最初から粒が細かく粉砕されているため、フードを噛まずに丸飲みする癖がある犬にも安心して与えることができます。
また最初から砕いてあるため消化しやすいという特徴もあります。

犬には人間のようにものをよく噛んで食べる習性があまりないため、フードを丸飲みすることがよくあります。
一気にフードを食べると血糖値が急激に上がりすぎたり、胃の中で一気にフードがふくらんだりして思わぬ病気につながる危険性もあるため、犬の体調に不安がある時や、フードの消化吸収に不安があるような時はドッグフードの粒の形も見直し、犬の体調や食べ方に合ったものを選んであげるようにしましょう。

市販されているフードが少ない

クランブル状フードは空気に触れる面積が一般的な発泡状フードよりも多いため、酸化しやすく、また水分や湿気を吸収しやすいため劣化するスピードが早いという特徴があります。
クランブル状フードを購入する場合は少量小分けパックで、あらかじめ食べきれる分だけ包装してあるものがお勧めです。

またこの特徴があるせいか、市販フードの中でもクランブル状に加工されてあるものが少なく、あまり見かけない形のフードです。

どうしてもクランブル状フードが必要で、市販品が見つからない場合はペットフードを砕く道具(チョッパー)がペットショップで販売されていることがあるので(ナッツやチョコのように堅い食べものを砕く道具を転用する方法もあります)、自分で砕くのもひとつの方法かもしれません。

上記のように発泡状フードは砕くと酸化しやすく湿気を吸収しやすいため、クランブルフードは開封後、なるべくすぐ犬に与えるようにすること、保管方法に気をつけることが必要です。

ドッグフードは中身に含まれている原材料・成分だけでなく、形によっても特徴が変わってきます。
それぞれの特徴を知り、自分の犬の体調・体質に、自分のライフスタイルに一番合うものをぜひ選んでみてください。

おすすめコラム一覧Related column