ドッグフードの形態(フレーク状)

一般的なドライフードは発泡状の丸い粒の形をしていますが、人間用のコーンフレークのように薄く平たいフレーク状の形をしているものがあります。

フレーク状のドライフードの特徴は、薄いため水にも溶けやすくふやかしやすいことです。
また粉状・顆粒状のフードに比べて、噛んだ時にもある程度まとまった形を維持でき、歯と歯の細かい隙間にフードが詰まるのを防ぎやすいというメリットもあります。

ただしフレーク状のフードは市販品の中では種類が少なく、毎日犬に与えている人の絶対数が少ないと考えられることから、デメリットの面に気づきにくいという特徴があります。

犬の主食としてフレーク状のフードを与えたいと考えている場合は、体調や糞尿を毎日観察して相性がいいか、歯に詰まっていないかどうかなどを確認して犬に合っているかチェックして与えるようにしましょう。

その他、フレーク状のフードには以下のような特徴があります。

発泡していないため、飲み込む空気の量を調整しやすい

一般的なドライフードは発泡させて作られていますが、フレーク状のフードは発泡させずに薄く平たい形に仕上げられているため、フードと一緒に飲み込む空気の量が少なくなるというメリットがあります。
早食いでフードと一緒に空気をまる飲みしやすい犬や食後のげっぷが気になる犬など、空気を飲み込む量が気になる時にお勧めです。

発泡していないため、フードの密度が高い

小型犬や食の細い犬など、食べる量が少ない犬を飼っている場合、一日に必要な栄養がきちんととれているか心配になることがあります。
発泡していないタイプのフードは一粒の密度が高いため、少ない量でも必要量の栄養素をとらせやすいというメリットがあります。

薄くて平たいため噛んで砕きやすい

薄くて平たいフレーク状のフードは、厚みが薄いため噛んだ時にも砕きやすく、加齢により噛む力が弱くなってきた犬にもお勧めです。
ただしフレークのエッジが鋭いタイプは、他のフードよりは詰まりにくいとはいえ縦に噛んだ時に歯の隙間に詰まってしまうことも考えられます。

一度にフードをたくさん頬張れる口の大きい犬や早食い傾向のある犬の場合は、フレークのエッジに丸みがある、縦に噛んだ時でも歯に詰まりにくいものを選ぶと良いでしょう。

水に溶けやすく、ふやかす時間が短縮できる

厚みのあるフードや発泡していないフードの場合、ふやかすまでに時間がかかることがあります。
フレーク状のフードも発泡はしていませんが、形が薄いため水に溶けやすく、ふやかす時間が短縮できるというメリットがあります。
やわらかい食感のフードを好む犬や、噛む力が弱い犬にふやかしたフードを与えたい時にお勧めです。

その他、フレーク状のフードはプレミアムフードと呼ばれる、原材料や添加物不使用にこだわるフードが多いという特徴もあります。
プレミアムフードは添加物を使用しない分、一般的なフードに比べて賞味期限が早めに設けてあることも多いためパッケージをよく確かめるのと同時に、適切な保管方法についてもよく確かめておきましょう。

おすすめコラム一覧Related column