ドッグフードの形態(棒状)

棒状のドッグフードは主に犬用のおやつとして販売されているもので、犬用ガムや犬用ジャーキーなどがこれに当たります。
主な種類としては、以下のようなものがあります。

・素材をそのまま乾燥させたタイプ
・さまざまな食材に栄養素や添加物を配合したタイプ
・健康食品を原材料に使用したタイプ
・犬用ガムに乾燥肉を巻いたタイプ
・歯磨き用ガムタイプ

それぞれの特徴は以下の通りです。

素材をそのまま乾燥させたタイプ

動物性の食材を棒状に加工し、そのまま乾燥させジャーキーとして販売されているものが多く、主に嗜好品として与えることが多い犬用おやつです。
食材そのままの味わいが強く、犬の食いつきが良いおやつです。
また無添加タイプも多く販売されているため、添加物に心配のある飼い主さんが安心して与えられます。

さまざまな食材に栄養素や添加物を配合したもの

肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)にでんぷんや植物性タンパク質、添加物(保湿剤、増粘安定剤、保存料、pH調整剤、結着剤、酸化防止剤など)に各種栄養素などを配合し棒状に加工してあるタイプです。
犬の食いつきが良い食材を使用していることが多く、嗜好品として与えることの多いおやつです。

様々な原材料を混合して作るため水分量を調整する必要や、それにより水分量が増えるため保存性を高める必要があることから様々な種類の添加物が使用されている場合があります。
添加物に不安がある方はなるべく避けるか、原材料をよく確かめてから与えるようにするのがお勧めです。

健康食品を原材料に使用したタイプ

健康に良いと言われている食品を原材料に使用しているタイプで、嗜好品というよりは健康維持目的で与えられることが多いおやつです。
漢方の生薬として使われることもある植物を配合したもの、健康に良いと言われる動物性・植物性の食材を使用したものなどがあります。

ただし他の棒状おやつと同様に、様々な添加物を使用しているものがありますので、原材料欄や与えた後の犬の体調などをしっかりチェックするようにしましょう。

また健康に良いからとパッケージに記載されている量や与え方を超えて犬に与えてしまうと、カロリーオーバーや栄養バランスの偏りを招くことがあるため、与え過ぎにも注意しましょう。

犬用ガムに乾燥肉を巻いたタイプ

ミルクカゼイン(乳タンパク)を主原材料に使用した犬用ガムに、犬の食いつきがいい乾燥肉を巻いて仕上げている棒状おやつです。
ミルクカゼイン(乳タンパク)も乾燥肉も犬が好みやすい食材で、犬の嗜好品として与えられることが多いおやつです。

歯磨き用ガムタイプ

歯ごたえがある食材(乾燥牛皮や乾燥豚耳など)を使用し、犬に何度も噛ませることで歯垢をとりやすくしているおやつです。
乳酸菌やカルシウムなど、口腔ケアや健康維持に良いと言われる栄養成分を配合しているもの、嗜好性を高めるために各種味付けを施しているもの、保存性を良くするために添加物を配合しているもの、逆に添加物を一切使用していないものなどがあります。
同じ歯磨きガムでも様々な種類があるため犬が喜ぶものや、体調に影響を与えない、犬に与えても安心なものを選ぶようにしましょう。

また棒状の犬用おやつは見た目を良くするため、着色料を使用しているものも多くあります。
着色料だけでなく、適度な食感を維持したり保存性を高めたりするために添加物を多く使用することがあるため、与え続けても問題がないかどうか、必ず原材料欄をよく読んでから犬に合うおやつを選ぶようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column