ドッグフードの種類(間食)

ドッグフードの中には間食と呼ばれる種類もあり、主に犬用のおやつやスナックとして販売されています。
名前の通り、食事と食事の間に与える「おやつ」として与えるフードで、他のフードと異なるところは必要な栄養を満たすのではなく、犬が食事からとるべき適切な栄養のバランスを崩さないように、限度量が決められていることです。

そのため間食と呼ばれるフードでは、一日に与えるべき推奨量ではなく、「これ位なら食べても問題ない」と考えられる給与制限を基準に、一日に与える限度量や回数が記載されています。

つまり間食のパッケージに記載されている量や与え方は、必ず犬に与えなければならない量ではなく、「これ以上は与えない方がいい」という量や与え方が記載されているため、他のフードのように定期的に継続して与える必要はありません。
また記載された量以上の間食を与えすぎないようにすることも大事です。

犬用おやつを与えすぎるとカロリーオーバーにより肥満につながる可能性があるだけでなく、栄養の偏りを招いてしまう恐れがあるため注意しましょう。
また犬用おやつには保存性を高めるために添加物を多く使用する傾向もあるため、パッケージに記載されている量・与え方をチェックするだけでなく、原材料表示にもしっかり目を通しておくようにしましょう。

その他、ドッグフードの間食には以下のような特徴があります。

カロリーに制限がある

犬用の間食では、犬が一日に必要とするエネルギー要求量の20%以内になるようなカロリー設計がなされています。
また与えすぎるとカロリーオーバーによって肥満につながりやすくなるため、与えすぎないようにすること、また与える場合は食事の量を減らしてカロリー調整をすることなど、パッケージに注意喚起が表示されていることがあります。

間食は犬のごほうびとしての役割や、食事と食事の間の楽しみとしての役割がありますが、必ずしも必要なものという訳ではないため、パッケージに記載されている量以上のものを無理に与えないようにしましょう。

多種多様な種類がある

毎日与えるドッグフードとは異なり、犬用おやつやスナックにはバラエティ豊富な種類のものがあります。
具体的には、以下のような種類のものがあります。

・ジャーキー
・クッキーやビスケット
・ガム
・乾燥煮干しや乾燥小魚
・かまぼこ
・パンやケーキ
・チーズ

またそれぞれの種類ごとに低カロリー設計されたもの、デンタルケア用として設計されたもの、無添加のものなどがあります。
愛犬好みの食感のおやつや、愛犬が好む味のものを選びやすいだけでなく、特定の目的に沿ったもの(減量用、歯磨き用、健康維持用など)も選びやすく、自分のこだわりに合ったものを選べます。

犬用おやつはドライフードに比べて水分を多く含むものが多いため、微生物の繁殖を防ぐために添加物を多く使用しているものがあります。
また添加物を気にする方のために、近年では無添加のおやつも多く販売されてきていますが、無添加のおやつは傷みやすいため保存方法にも注意する必要があります。

いずれにしてもパッケージをよく読んで、記載されている量や与え方を超えて与えないようにすること、保存方法をよく読んで適切に保管し、傷みを防ぐようにしましょう。
また大袋タイプは食べきるまでに時間がかかりやすく、開封後の保存期間も長くなり傷む心配があるため、なるべく少量・食べきりサイズで傷む前に与え切れる量のおやつを選ぶのがお勧めです。

おすすめコラム一覧Related column