ドッグフードの素材(アーモンド)

ドッグフードの原材料としてはあまり見かけることがありませんが、一部の輸入フードに使用されていることがあるのがアーモンドです。

日本では生の豆やナッツ類は消化が悪いため与えてはいけないと注意されることが多く、アーモンドはどちらかというと「犬に与えてはいけない食べもの」として覚えている飼い主さんが多いと思います。

アーモンドを使用したドッグフードを検討している場合は、以下の点に注意しましょう。

アーモンドには食用と非食用の二種類がある

植物の種子や果実にはアミグダリンと呼ばれる中毒症状を起こす成分が含まれていることがあり、特にバラ科植物の種に多く、加熱や加工などの除去処理を行わなければ食べられないものが多くあります。

アーモンドもバラ科の植物で、このアミグダリンを含む種類があり、ビターアーモンドと呼ばれる種類にはこのアミグダリンが多く含まれていると言われています。

人間が通常、食用にしているアーモンドはスイートアーモンドと呼ばれる種類です。
この種類にはアミグダリンが含まれていません。
そのためスイートアーモンドを使用しているフードなら、アミグダリンについては心配ないと思われます。

ビターアーモンドを使用した製品は現在あまり流通していないため、ドッグフードにも使用されることはないと思いますが、不安であれば直接メーカーへ確認しアーモンドの種類について問い合わせておくのがお勧めです。

ただしナッツ類は犬が中毒を起こす懸念も

ただしアーモンドはまだ犬に与えても問題ない食べものかどうかが、はっきりとはわかっていない部分もあります。

例えば同じナッツ類であるマカデミア・ナッツは犬に与えると原因不明の中毒症状を起こすことがあり、この中毒症状の原因がまだわかっていないことから、ナッツ類全般でも中毒症状を起こす可能性があるため、アーモンドも与えないようにと注意されることがあります。

人間も食用にしているスイートアーモンドを粉砕加工し、ドライフードに少量利用する程度なら問題は少ないだろうと考えられてはいますが、上記マカデミア・ナッツ中毒の原因がわかっていないため、アーモンドを犬に与えて異常が見られる場合は動物病院で診断を受けるのがお勧めです。

アーモンドにはオレイン酸が多く含まれており、ビタミンEも豊富なため健康的なおやつとして人気が高い食材ですが、犬との相性はまだわからないことがある食べものです。

ナッツだけでなく、プレミアムフードでは珍しい食材が原材料に選ばれることがありますが、上記のように犬との相性がまだわかっていないものもあるため、フードを選ぶ場合は原材料をひとつずつしっかり確認してから選ぶようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column