ドッグフードの保存に適した容器は

ドライタイプのドッグフードの保存容器(フードストッカー)として販売されている商品には、以下のような素材が使用しされています。

・ポリプロピレン
・高密度ポリエチレン
・AS樹脂製
・ポリスチレン製
・ガラス製

それぞれ素材ごとに特徴が異なるため、保存容器やフードストッカーを選ぶときの参考にしてみましょう。

長期保存に適した容器とは

食品の長期保存に向いている素材は、酸素や湿気、紫外線を通しにくい気密性と遮光性があり、使用前に加熱殺菌しやすい素材です。
また内部を真空にできる機能をもった容器も長期保存に向いています。

酸素や湿気、紫外線を通しやすい紙袋などの容器はフードの劣化や酸化につながるため、素材にも注目して保存容器・フードストッカーを選びましょう。

ポリプロピレン製の容器について

プラスチック製の保存容器によく使用されている素材がポリプロピレンです。
ポリプロピレンはプラスチックの中では耐熱性・防水性・防湿性・耐薬品性に優れており、強度が高く壊れにくい特徴があります。

ただしポリプロピレンは紫外線・光に弱く劣化しやすい特徴があり、劣化している箇所に熱が加わるとさらに劣化が進んでしまいます。
また耐寒性・耐候性でも他の素材に劣るため、直射日光が当たる場所や屋外での保存には向いていない容器です。

劣化によって細かい傷がつくと、そこに微生物が入り込み雑菌が繁殖しやすくなります。
ポリプロピレン製の容器を使用する場合は、外からの影響を受けないような涼しく日当たりの少ない場所に容器を保存するようにしましょう。
また容器が劣化してくる前に、こまめに買い替えるようにしましょう。

高密度ポリエチレン製の容器について

高密度ポリエチレンは防水性や耐油性、透湿性や耐薬品性にすぐれた素材です。
湿気は通しにくいものの、気体や香りなどは通しやすいためフードの長期保存にはあまり向いていません。
そのため高密度ポリエチレン製の容器を使用する場合は、一カ月分程度の量を保存できる小容量の容器や、真空機能のある容器を選ぶのがおすすめです。

AS樹脂の容器について

AS樹脂は耐油性や耐薬品性にすぐれた素材で、ドッグフードの保存に向いているため保存容器・フードストッカーにもよく使用されていますす。
ただし長期使用によってひび割れができることがあるため、落下などで壊したりしないよう低い場所で保管したり、一定の期間使用したら買い替えたりするのがおすすめです。

ポリスチレン製の容器について

バターやマーガリンなどの油脂食品の容器によく使用される素材で、ドッグフード用の容器にも使用されています。
ポリスチレンは成型しやすくさまざまな食品容器に使用されていますが、気体や湿気を比較的通しやすく、ポリエチレンよりも酸素を通します。
酸素を通すということは長期保存にはあまり向かないということなので、なるべく小容量の容器や真空機能のついた容器を選ぶのがおすすめです。

ガラス製の容器について

ガラス製の容器は固く材質が安定しており、古くから食品の長期保存用に使用されてきました。
煮沸消毒が行えるため清潔さをキープでき、ゴムパッキンのついた密閉性の高いフタを使用することで気体をほとんど通さなくなるため、酸化を防ぐのにもすぐれた素材です。

ただし衝撃に弱く、落とすと割れてしまうので、なるべく低い位置の、犬がいたずらしないような目立たない場所で保管することが重要です。

ドッグフードの容器は素材によって使いやすさや耐久性が変わるため、通販よりは実際に手にとってみて比較検討するのがおすすめです。
傷がつきにくく長持ちし、酸化や劣化からもフードを守ってくれる容器を選んでみてください。

おすすめコラム一覧Related column