ドッグフードをあげる場所は?(屋外の場合)

現代では、犬は「家族の一員」として迎えいれられることが増え、屋内で飼育するのが一般的になっています。
ただし今でも家を守るための番犬として犬を迎えいれる家庭もあります。
その場合、役割上、屋外で犬を飼育しなければならないことがあります。

室内で飼われている犬の場合、放し飼いされることが多いですが、屋外飼育では犬が逃げ出したり、突然の来客に飛びかかったりする恐れがあるため、リードなどにつないだり、ケージに入れたりして飼われることが多いようです。

また番犬は普段は大人しくて落ち着きがあるものの、いざという時には鋭敏な感覚で異変を察知し、敵を追い払ってくれるタイプの犬が好まれやすく、外部の騒音や動き、匂い、光の変化に対して敏感な傾向があります。

そのため屋外で犬を飼育する場合、気候の変動や騒音など外部からの影響を受けやすく、動ける範囲が狭かったり、人間とのコミュニケーションが少なくなりやすかったりすることからストレスを感じやすくなることがあります。

このような屋外飼育の犬に、ドッグフードを安心して食べてもらうには以下のような場所で与えるのがおすすめです。

屋外飼育で犬がストレスを感じにくい場所を探す

屋外飼育で食べることに集中してもらい、食いつきを安定させるには、犬にとって落ち着く場所で食事をしてもらうことが大事です。

そのため食事をする場所は音が少ない静かな場所、直射日光が当たらない場所など、比較的外的要因の影響を受けにくい場所を探してあげるのがおすすめです。

また真夏や真冬は地面の温度が大きく変動するため、床を作ってその上で食べさせたり、夏は涼しい場所、冬は温かい場所と季節によって食事場所を変えたりするのもよいでしょう。

屋外飼育の犬にとって食事はとても重要

屋外では病害虫や有害微生物、有毒植物などのリスクに常にさらされ続けることになります。

そのため屋外飼育の犬では健康を維持する意味でも、人間とのコミュニケーションやスキンシップをはかる機会という意味でも、ストレスを解消するため室内犬より食事が重要な意味を持ちます。

食事の時間を楽しむための場所作り

食事の時間に犬のストレスを解消し、同時に犬と一緒に過ごすことを楽しむなら、広い場所に犬を誘導して食事をとらせるのもよいでしょう。
また食事は「ごほうび」という意味もあるため、犬のしつけや訓練に活用することもできます。

食事をとった後に一緒に遊んであげたり、たくさん撫でてあげたり、あるいは訓練したりすれば、犬も「ご飯を食べたら楽しいこと・いいことがある」と覚えてくれ、食いつきも安定しやすくなるはずです。

番犬などの使役犬は気候の変動やストレスによって食欲を失いやすいため、食いつきが安定する場所を見つけて食事を与えるようにするのがおすすめです。
犬のストレスを解消し、かつ飼い主さんも犬と一緒にいられる時間を楽しめるような方法を探して、食事を与えてみましょう。

おすすめコラム一覧Related column