ペットショップで手作りドッグフードを購入する

手作りでドッグフードを作る場合、難しいのが犬の栄養に詳しい専門家を探すことです。

専門家探しで迷ったら、近所にあるペットショップで手作りドッグフードを販売している店舗がないか、探してみるのがおすすめです。
手作りドッグフードを販売しているペットショップなら、犬の栄養に詳しいスタッフが常駐している可能性があるからです。

またそのペットショップがホテルを兼業している場合、旅行などで犬を預けなくてはならないときも、食事の心配をする必要がなくなります。

もしも手作りドッグフードを販売しているペットショップが複数箇所ある場合は、以下の点に注意して良い店舗を選びましょう。

まずは手作りドッグフードの流派を確認しよう

手作りドッグフードにはさまざまな流派があり、生の食材を取り入れたローフード・生食派もあれば、体質改善目的に栄養バランスを考慮した健康・栄養派、また「美味しい」ことを最優先にしたグルメ派などがあります。

特にペットショップでは店舗のオリジナル性を打ち出すため、「流派」を強く打ち出すお店が多い傾向があります。

どの流派にもメリットはありますが、スローフード・生食派では有害微生物が付着していない、衛生的な食材を入手しなければならなかったり、どの流派でもAAFCO基準の栄養バランスを実現するため専門家の力を借りなければならかったりなどデメリットもあります。

そのためペットショップの打ち出す流派と、自分が理想とする流派が一致するか、継続することは可能なのか、訪れる前に確認しておくのが大事です。

インターネット通販や電話注文も可能かチェックしよう

手作りドッグフードは市販ドッグフードよりも日持ちしにくく、かつ大量購入して保管することができないため、度々ペットショップを訪れなくてはならなくなります。
そのためペットショップが徒歩圏内にない場合、ドッグフードが切れる度に遠方まで足を運ばなくてはなりません。

遠方にあるペットショップで定期的に手作りドッグフードや素材を購入する場合は、インターネット通販や電話注文が可能な店舗を選ぶと便利です。
また栄養バランスや食材についてのアドバイスなど、犬の栄養に詳しい専門家に相談できる環境があるお店なら、さらに安心です。

料理教室が開催されているか確認してみよう

ペットショップでは、ドッグフードを手作りする人のために料理教室を開催していることがあります。

料理教室は犬の栄養に詳しい専門家に直接話を聞けるだけでなく、犬の食事に必要な栄養バランスの取り方、食材の選び方、手作りのコツなどさまざまな情報を得られます。
また手作り食に興味はあるものの、難しそうでためらっている......
という場合に、料理教室は良いきっかけを作ってくれます。

手作り食は始めるよりも続けることが困難です。
料理教室は手作り食にチャレンジする仲間にも出会え、続けることが難しいと感じたときも仲間同士で相談したり、励まし合ったりすることができます。

サプリメントの種類をチェックしよう

手作り食は食材だけで栄養バランスをとるのが難しく、サプリメントで補う必要も出てきます。
ただしサプリメントは手作り食の流派によって使用するものが異なり、価格も千差万別なので注意が必要です。

中には手作り食の考え方に共感できても、サプリメントの考え方、価格設定に共感できないケースもあります。

こんなときのためにペットショップで相談にのってくれるか確認しておくのもおすすめです。
ペットショップで売られているサプリメントのことしか相談できない場合は、より考え方が合う他の店舗を探したり、相談先だけ別に探したりなど工夫してみましょう。

手作り食支援をしてくれるペットショップが身近にあれば、これほど心強い存在はありません。

ただし身近だからこそ、すすめられるがままほしくない商品を購入してしまったり、自分の考え方とは違う手作り流派を勧められたりして困ることもあります。

これらの問題は下調べしておけば回避できることが多いため、まずは身近なペットショップで手作り食を支援してくれるところを探し、考え方が似ていて末永くおつきあいできそうな店を探してみましょう。

おすすめコラム一覧Related column